院長ブログ

CPAPは決していやな治療ではありません

公開日:
監修:めいほう睡眠めまいクリニック院長 中山明峰

 睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP治療は苦しくていやなもので、逆に眠れなくなるから治療を諦める方も少なくありません。度数も合わさず適当に眼鏡を買いません。CPAPだって疾患の特色や程度に応じた調整が必要であります。CPAPは自動だから誰でもできる、と説明する施設もあります。その指示で楽になればいいのですが、装着することで逆に睡眠が悪化することもあります。
「なんか、CPAPつらいのですが・・・」
「頑張れば大丈夫ですよ」と根性論を持ち出したら、
「あなた大丈夫?」と突っ込んで頂いて、治療を諦める前に睡眠専門医に意見を求めて下さい。
 昨年、「日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会総会・教育講演」を行わせて頂きました内容を論文化、その一部を公開します。CPAPを扱っておられる一般医の方、CPAP治療に疑問を持つ患者さま、良かったらご一読下さい。日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報127:163-166, 2024.


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

寒さをこなして行こう!おー!

月刊誌「ゆうゆう」新春号に「認知症と睡眠」

もっとも小さい者に仕える:マタイ25章

CPAPは苦しいものではありません:桑員地区SAS地域連携講演会

いよいよ年の瀬

ガチで書いた「認知症にならない眠り方」

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ

お電話でのお問い合せはこちら
(診療時間 10:00〜13:00 16:00〜19:00)

電話番号:052-571-7781(予約専用)