院長ブログ

良い睡眠環境:2023.1.17.週刊・女性自身

公開日:
監修:めいほう睡眠めまいクリニック院長 中山明峰

 本日発売の週刊・女性自身のインタビュー記事、一部を公開します。良い睡眠環境を作ることにご興味ある方はご一読下さい。
 「ぐっすり眠りたいなら、寝室は暗くするのが基本。目を閉じていても、まぶたを通して光を感じますから、天井照明は豆電球も消すのがおすすめです」そう話すのは睡眠専門医で、めいほう睡眠めまいクリニック院長の中山明峰先生だ。
 眠りには「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが関係していて、自然界では、徐々に暗くなり始める午後3時ごろからメラトニンの分泌が始まり、深夜の午前0時~3時にピークを迎え、明け方の午前5時頃から減っていく。
 だが、現代人は夜でも照明のついた明るい部屋で過ごすことが多い。中山先生いわく、こうした光を浴びるリズムの変化が、体内時計を狂わせ、メラトニンの分泌量に作用し、睡眠に悪影響を与えるのだそう。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

3年ぶりの現場講演会

落語から学ぶ睡眠医療:寝かせたくない落語家と寝かせたい睡眠専門家のコラボ講座!

舌下神経電気刺激療法:新たなる睡眠時無呼吸症候群治療

睡眠にいいエアコン

春の予感

運転中の眠気:WENELL社の記事を監修しました

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ

お電話でのお問い合せはこちら
(診療時間 10:00〜13:00 16:00〜19:00)

電話番号:052-571-7781(予約専用)