睡眠障害

症状

睡眠中に起きる異常行動を指します。
脚がむずむずする、こむら返りが起こる、睡眠中に声を出して動くなどの異常行動は、医学的に分析し診断することによって治療で改善することが望めます。
特に中高年以降に起きる異常行動は、パーキンソン病やレビー小体型認知症につながる可能性もあるので要注意です。

原因

神経の変性が原因と考えられているが、実際原因不明な場合が多い。一方、長期のアルコール依存、食事の偏り、薬物(精神安定剤など)の副作用として出現することも知られています。

治療法

これから起こるかもしれない病気の症状、または既に体のなかで起きている問題から来ている症状の可能性があります。まずはこれらの症状がなぜ起こるのという分析が重要です。
近年高齢化に伴い増加している疾患でもあり、当クリニック院長は名古屋市立大学で神経内科医師とともにこの疾患と脳障害を研究し、多数の治療経験を持っています。


お電話でのお問い合せはこちら
(診療時間 10:00〜13:00 16:00〜19:00)

電話番号:052-571-7781