睡眠障害

症状

布団に入っても眠れない、寝ている間に何度も目が覚める、眠った気がしない、などの症状で悩まれている方は5人に1人、60歳以上では3人に1人だと言われ、厚生労働省も重視している国民病であります(厚生労働省e-ヘルスネット, 2021)。
特に近年、不眠が睡眠負債に繋がり、睡眠時無呼吸症候群と同様に脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めることも知られています。

原因

不規則な生活習慣やストレスなどが関連します。また、加齢変化や薬物の副作用が関わることも知られています。それぞれの不眠には異なる原因があり、その原因を知り、自覚することが重要です。

治療法

当クリニックでは不眠症の問診等による原因追及に時間をかけ、どうして眠れないのか、どの程度眠っているのかを計測し、生活改善の指導から治療を行います。
必要あれば最低限の内服薬を使用し、患者様が医療者とともに睡眠医学を学ぶことにより、完治するプランを立てるところから治療を行います。


お電話でのお問い合せはこちら
(診療時間 10:00〜13:00 16:00〜19:00)

電話番号:052-571-7781