院長ブログ

脱力・放熱して眠りにつく

公開日:
最終更新日:
監修:めいほう睡眠めまいクリニック院長 中山明峰

眠りにつけないことで悩む方が多々おられると思います。ひとには興奮する交感神経と、安らぐ副交感神経からなる自律神経があり、昼間は交感神経、夜は副交感神経で生活が営まれることが理想です。しかし近年長時間の緊張から、いろいろな生活スタイルから来るストレスなどから、寝る前になると頭が冴えて眠れない、つまり安らぐ副交感神経に体が切り替わらないことが起こります。
これについてNHKの取材を受けました。名古屋NHKから2021年5月28日19:30〜20:10「ど真ん中ジャーナル」で脱力、放熱して眠りにつく方法を話します。視聴出来ない方、宜しければ次の書物をご参照下さい。
「読めばわかる!臨床不眠治療ー睡眠専門医が伝授する不眠の知識ー」著者:中山明峰 出版社:全日本病院出版社

めいほう睡眠めまいクリニック・中山明峰



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

還暦からの起業

逢いに来て

中日新聞・「Dr's サロン」睡眠医療ウィズコロナ・その2:新たな「宿題」に挑む 2021.5.18.

トークイベント開催

東海テレビニュースワン・「寒い夜の就眠法」

まさかのテレビCM

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ

お電話でのお問い合せはこちら
(診療時間 10:00〜13:00 16:00〜19:00)

電話番号:052-571-7781(予約専用)